logo

ニュース

お問い合わせ

Shendun HDPE 構法 (2)---ウェット敷設方法

Nov 16, 2017

1。建設プロセス:

 

きれいな基本--このプロセスを草の根レベルでなくウェットなど、草の根レベルでぬれた)--向き、弾性線 - 攪拌とセメント系 - 舗装された店はスタック コイル - パルプ、排気、空気 - ラップ エッジ - コイル ヘッド、シール - シール検査受け入れ

 

2。基本的な要件:

 

1) 基本の表面がきれいになったし、は基本的にフラットで、明白な突出部分なし

2) 建設のベース面は透明な水にはなりません。建設排水後しなければならない、すべての水がある場合

3) あらゆる種類の埋め込み構造と付属品が納入され、しっかりと固定

 

3. 工法:

 

1) 基本の表面から塵および残骸を取除くし、ウェット乾燥ベース前部;

2) セメント スラリーの厚さとスラリーの厚さを決定するのには、通常 3 〜 5 mm のサイト、および泥の床レベルに従い (大きすぎるまたは広がる側)、圧延材料の領域で使用します。

3) 削除間圧延材、粘着防水の表面の下でフィルム絶縁し、新鮮な広がりの間圧延材粘着防水モルタル。

4) 最初のロールの終了後セメント スラリーは消去されます、2 番目のロール、置かれる、などなど。

5) ぴしゃりとコイルはモルタル; と密接に結合してフロートやゴムシート、圧延素材の表面の下で空気と圧延材表面を押すと

6) 現場の状況によると拾うか拾うスラリーに十分な強度がある場合に使えます。圧延素材の下の部分に透明な分離膜が配置されます接続する場合、上部のローラーは下のローラーの貼り付けしなければならないし、圧延材の幅で 60 mm 以上なければなりません。

コイルはペーストを密封シール 7) 後、車両を終了すると、シール貼り付けで。

 

4。建設に関する考慮事項:

 

1) 防水層の施工の前に、防水層を損傷し、漏れの隠された危険のまま防水層施工後穴の穴を避けるために様々 なパイプの埋め込みパーツ インストールを定めます。

2) 2 つの隣接する行の短い側の関節を交互多層継手の重複を避けるために、幅の三分の一と、コイル材がとれなくなります。

転がり、コイルの端に粘着面を汚染する 3) しないし、不注意な汚染がある場合、時間で汚染をクリーンアップします。

4) 接着防水材料店は、側の壁に引っかかっているとき、スラリー協力すべきこと、上下多くの人々 とショップとペーストが広がり良いセメント スラリー水分損失も場合のセメント表面の前にコイル水損失の建設をスピードアップするため高速、表面粘性と流動性を復元するもう一度広い柔らかいブラシの適切な量の水で表面にすることができます。

5) 以上雨や雪、風などの悪天候建設は避けてください。

6) 建設が完了した後そして受諾後、タイムリーにおくべき、時間の特別な状況を隠すことのできない場合、効果的に一時的な保護対策を講じるべき。

 

5。品質基準:

 

1) 材料を使用し、主な資料は、設計要件と仕様に適合しなければなりません。

2) 防水層と変形関節埋め込み管継手は、設計要件や仕様を遵守しなければなりません。

3) 防水層の漏れはありません。

4) ソリッド ベース、ドラム、緩い、砂と剥離現象のため時間がないです。

5) 敷設の方法や重ね継手は、設計要件、仕様および防水工事図面に従いが。

6) ローラは正しい方向で、ラップ幅の幅はプラスまたはマイナス 10 mm であること


関連ニュース
私たちの商品
防水膜
防水設備
防水性樹脂
インフォメーションセンター
私たちの歴史
私たちの証明書
当社のサービス
連絡先

山東省青島No.32 Siyuan Roadハイテク産業開発区

Tel:+ 86-532-66723995

waterproof2017@126.com

著作権©青島Shendun防水技術有限公司すべての権利予約。